どうする?アイフル

アイフルが違法な取立をしたとして業務停止処分をうけました。
五稜郭店(北海道函館市)、新居浜店(愛媛県新居浜市)、西日本管理センター3係は5月8日〜6月1日まで。諫早店、コンタクトセンター福岡は5月8日〜5月27日まで業務停止。このほか、無人店舗を含む全店舗が5月8日〜10日まで業務停止。
ニュースでも取り上げていたが、【違法】な取立行為とあるが、そもそも借りた金を返さないってのが根本的に悪いんだと思うんだけど。
バブルの時のように銀行に半分そそのかされて借金してしまったのと違い、サラ金って自分の意志で借りに行くわけでしょ?
そりゃなんとしてでも返さないと。
金融庁は今後、法律の強化をすすめると言っていたが、そんなに国民を甘やかして大丈夫なのかなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スカパー地デジ

地上デジタル放送の難視対策のひとつとして、スカパーによる配信が決まったそうだ。
デジタル放送はノイズに強い!電波が弱くても大丈夫!って思ってる人いると思うけど、そんなことはなく電波が弱けりゃノイズに弱い。またデジタル放送ってのはアナログ放送とは別個なもんなんで、放送局の送信所からデジタル放送が放送されなけりゃ、いまアナログが映っててもデジタルが映るとは限らない。普通の人はあんまり気にならないし、知らないかもしれないけど日本にはテレビのチャンネルが結構ある。関東の人は1チャンがNHK総合で、4チャンが日テレって人が多いだろうけど、実は関東にもNHKをUHF50チャンあたりで見てる人もいるわけで、日本全国では隣の市、山ひとつ向こうの街で違うチャンネルでテレビを見てるとこもあるわけです。これは山かげなどで電波が届かない場合やゴーストが酷い場合に大本の送信所(親局)の放送を別の送信所(子局)が受け取り更に別チャンネルで送信、さらに孫局がある場所もあるわけですが、じゃあこの送信所全部からデジタル放送を送信できるのかっていうと、いまの日本経済ではムリ!特に山間部が多い地方局などでは親局だけでもやっとという状況。さて困ったな、ということでCATVなど有線放送事業者への協力を依頼したりしてたのですが、このスカパー配信の登場でちょいと事態が変わってきた。山間部へは有線伝送は不利で、1件づつアンテナつけて衛星配信の方が安い場合もある。
地域制限をどうするのか?運営費は地方局持ち?など詳細がわからないので何とも言えないとこもある。地方局分だけ番組並べるのか?この場合アンテナでは受信できてんだから地域コードを嘘つけば北海道でも九州の放送が見れるようになるのか?
一番の問題は...スカパーってそんなにキレイじゃないよね...

| | Comments (1) | TrackBack (0)