« July 2005 | Main | September 2005 »

小久保!退け!

小久保!お前には幻滅したよ、自ら志願して四番を降りろ!誰が代わりに四番打つとかそんなこと問題じゃなく、あんな奴が四番にいることが問題なんだ!
お前は応援ヲタのカラオケマシーンか!?こんな四番の応援を嬉々としてやってる奴ら、反吐がでる!

矢野、鈴木、原!お前等1.8軍の選手に活躍は求めてねーんだよ。やるべきことをきっちりこなすためにいるのに、あのざまぁなんだ!一軍気取りか?
矢野!もうガッツだけで一軍にいれる時期はもう過ぎた。センスねーんだからバントはきっちり決められるようにそっちを頑張って練習しろ。川相に土下座して練習みてもらえ!
鈴木、お前の脚は半分以上死んでる。長打はいらねーんだからサードに転がす練習だけしろ。
原、なんか特徴を作れ!この三人すべてにいえるが自分のスタイルがない。センスが半人前しかないんだから、これだけはってもんを身につけてくれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神田明神少名彦像

ずいぶん前にできてたけど、あまり気にしてなかった。
大国主とセットということで建てられたようだが、案内文には少名彦(えびす様)とあるのが気になった。確かに海よりやってきた漂流神だが、少名彦と恵比寿が同一だというのはあまり聞かない。また海を照らしてやってきたと大物主と混同した箇所もある。
大国主のダブルである少名彦を建てることで神田明神も完全になるといったとこだろう。事実、どんどん立派になってるし。200508141542000.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ハガレン@11

こちらも久々、ハガレン11巻。
ちょいとお茶目なホーエンハイム、このあたりはアニメに近いがやはり本性は「お父様」だろう。気になるセリフと目つきもあるし。
新展開は人体錬成について。エドやイズミ師匠の錬成した人体は別人だったという事実(仮定?)。
材料はあっても無くなってしまったものは作れないってことやね。アルの肉体はあちら側にあるとして、エドの手足はどうなったんだ?それこそ腐ってんのか?それとも手足だけ単独で存在してるのか?
スカーも活動再開したし、12巻が楽しみ!

| | Comments (1) | TrackBack (0)

SBR@5

UJなかなか買えないので、不本意ながら単行本でのまとめ読みとなってしまった。
と、いうわけでSBR5巻です!
『大統領の陰謀』と題した#24〜#27を収録。
本巻でSBRレースの真の目的とSBRとしての主題が明らかになる(?)。
これまでのJOJOでもラスボスが登場するまでに、かなりの話数を要したものが多く、SBRでも「アメリカ国大統領」がラスボス(?)として設定され、手にすべきものが「アリマタヤのヨセフが遺した遺骨」と設定された。ヨセフの地図には9つの印があり、それが遺骨の在処を示すのか、それとも悪魔の手のひらの場所なのかは明らかにはされていないが、そのどちらかまたは両方だろう。
作品でも語られるように、アリマタヤのヨセフとはキリストの遺体を十字架から下ろし、麻布でくるみ埋葬した(この布が「トリノの聖骸布」)とされる人物であり、イエスの弟子マグダラのマリアと共にヨーロッパに布教したとされる。と、いうことで遺骨はキリストのものだろう。手に穴もあいてるし。
彼の終焉の地はグラストンベリーともフランスともされ、彼は「聖杯」をも所有していたとされる。この聖杯を求め、アーサー王の円卓の騎士らは旅をし、作品で語られるグラストンベリー修道院の墓には地図ではなく、アーサー王が埋葬されているとされる。この地を発掘した際、埋葬された「誰か」が発見され、アーサー王ではないかと噂されたこともあった。
また、ジョニーの爪のスタンドは「牙タスク」と命名され。第6部の緑色の赤ちゃんとヨーヨーマを足したような「左腕の守護精霊」がビジョンとして現れた。地図の印は9つ、よって9つの守護精霊がいることになり、4:5あたりでジャイロ:大統領の手に入るのだろう。ジャイロ、ジョニー、イケメンティム、サンドマンあたりだろう(既に入手済み?)。ディオは大統領側かな?
ある程度、目的と敵がはっきりとしてきたので、ますますSBRから目が離せない!
しかしUJは売ってない。どーゆーことだぁあ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今週のヤンジャン

『カッパの飼い方』
こーゆー思い出話ネタって感動する。
『華麗なる食卓』
結維、かわいすぎ。一生懸命働く彼女に「ガンバレ!」
ルーカスがごっちんのヤンジャン持ってる!それだけでうれしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

電車で人に

電車で人に寄り掛かって寝てる奴いるよね、あーゆーのは許せない。確信犯だし、なんの罪の意識もない。お前が疲れて過労死しようが俺には何の関係もない。むしろ見ず知らずの人間が大量に死ぬことこそ、俺が求める世界に近づく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イースタンにきたッス

試合は一軍同様、ボロクソだが、ガラガラのイースタンだからこそできる企画でなにげにスタンドを湧かしている。
四回表の前に○×クイズがあり、正解者の中から一人をカメラで写しサインボールをプレゼントする。四回裏はジャビとジャンケン、一人をカメラで写しジャビが何を出すか宣言してからジャンケンという念の入れよう。やろうと思えば一軍でもできることで、夏休み&低料金で子供だらけのドームにはもってこいの企画。
試合は三回に五点入れられ、その裏は三者連続三振といういつ一軍に合流してもいい展開。どいつもこいつも、いつでもどこでも振り回しやがって、ホント使えねぇカスどもだ。下がこんなじゃ、上の連中はあんな糞みたいな試合しても安泰だと思ってんだな。
いつからこんなダメなチームになっちまったんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »