« まもなく卒紺 | Main | 新選組の本(3) »

新選組の本(2)

永倉新八 新装版『新撰組顛末記』新人物往来社
小樽新聞に掲載された新撰組隊士・永倉新八自らが語った回顧録。
自身の口によるものだから美化されたり記憶違い、湾曲した部分もあるらしいが、新撰組隊士それも結成当初からのメンバーであり幹部でもあった者の記録として大変貴重である。
大河ドラマでは近藤寄りのものだったが、映画の壬生義士伝では主人公が金に苦労しているのに幹部である近藤、土方、沖田は肉を食っており、かなり傲慢さが見られた。どちらが本当だったのか知りたかった。
本書を読むところでは後者。永倉新八は近藤・土方の側近でありながら何度か対抗し、ついには甲府の戦いの後に新撰組と訣別した。そんな彼だからこそ記憶している事もあったろう。
山南脱走や伊東抹殺などドラマと食い違う点も多く、そこはドラマといったところだろう。
本書を読んでいて、ドンドコドンの山口が頭に浮かんでくた、

|

« まもなく卒紺 | Main | 新選組の本(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16658/2810115

Listed below are links to weblogs that reference 新選組の本(2):

« まもなく卒紺 | Main | 新選組の本(3) »