« January 2005 | Main | March 2005 »

事務長って何?

岐阜で一家惨殺事件がおきたが、その容疑者の名前を「原 平(はら たいら)」というニュースが流れた。
ん?はらたいら?倍率ドン!さらに倍!のはらたいらか?と思った人も多いだろう。
更に「はらたいら」はペンネームだろうし、本名はなんだろう?と検索かけた人も多いだろう。
漫画家「はらたいら」さんの本名は「原 平」だそうだ。
事件の容疑者と同一人物か?と思ったが、それは違うみたい。
最初、9時頃のニュースで見たときはただの「原 平」だったが、いまさっきのニュースでは「原 平 事務長」となっていた。事務長?ゴローちゃんの一件からこの手の形容詞が多くなった。ということはこの原平もただの容疑者じゃなく、なんかしらの形容詞を必要とする人物ってことか?それとも漫画家はらたいら氏と区別するためについたものか?
これだけ人間いるんだから同じ名前なんて珍しくなく、それがヤならせっかく割り振った住基ネット番号使えばいい。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

柴ちゃん21歳!

1日遅れてしまったが、昨日はメロン記念日 柴田あゆみ嬢の21歳の誕生日でした。
(わたしと1日違いなのでした)
落ち目のハロプロのなかで、毎回たのしませてくれるメロン記念日。
先日のレビュ&紺さでも感動のステージを披露してくれました。
ほとんどの娘。メンバー以上の実力を持つ4人。
いつの日か、一番星のようにキラリと光れ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

親不知

『親不知』が痛くなった。もう何年も前から生えてはいたが痛くはなかったものが、親不知とはよく言ったもので35の誕生日の今日痛くなりだした。
母親はもう逝ってしまったが父は健康でいてくれている。ちょっと象徴的だなあとおもってみたりした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ますます嫌いな堀江社長

連日、堀江社長とフジテレビの抗争が報道されるが、依然堀江社長以下ライブドアの意向が見えてこない。いったい、フジサンケイグループを「支配」して何がやりたいのか?
インタビュー報道がどこまで事実を放送しているかは判らない。もしかしたら、すごいいいこと言っているがカットされているのかもしれない。放送されていないのか、もともとないのか?放送された内容ではライブドアがやりたいことが見えてないのは事実。会社の経営方針をなぜ公表せねばならないかと氏は唱えるかもしれないが、マスコミ特に公共電波を使用する会社を「支配」したいのであればそれも必要であると私は思う。
堀江社長は「時代錯誤」といったが、周波数という限られた「国の資源」を利用することは未だ「時代」と「技術」は解決していない。いかに圧縮技術が進んでも、情報を空間伝送させる方法に利用されるのが電波であり、電波は国に与えられた国際的な制約であるという事実。それを踏まえて考えて欲しい。
「ディズニーが参入して誰が文句いいますか?」だって?
ライブドアとディズニーとじゃ、何やってるのかという「結果」が違う。俺、ライブドアってなにやってるのか全く知らねえもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

俺の嫌いな堀江社長

俺、ホリエモンだいきらい。ホリエモンなんて言われて、調子こきやがって。
マスコミばっか出て、あの目が信用できない。わからない、答えないならインタビュー受けんなよ。
『野球と違ってリスクが大きい』だぁ? だから球界から拒絶されたんだよ。金でなんでもできると思ってるみたいだけど、何がしたいのか全く見えないし伝わってこない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ChateauMercianJ-fine2000

国産ワイン。福島、長野産シャルドネと山梨産甲州を使用。
かすかに嫌味がのこるが飲みやすい。image.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空弁

巷じゃ『空弁』てのが流行りのようだが、俺にいわせりゃ屁だ。
新幹線でもそうだが狭い機内で弁当を食う。臭いが籠もってたまらない。
携帯などの騒音はいわばその時だけだが、臭いは染み付いたら結構とれない。
空港側も弁当うりたいなら飛行機ん中も『弁当席』ってのを作ってくんねーかな。隣で食われちゃ臭くてたまらねえ。俺は食事に幸を求めるタイプじゃないんで、たかだか数時間の機内でわざわざメシを食おうって気持ちがわからない。
わたしにとって、飛行機や新幹線てのは唯一公に存在を許された場所。そこには音でも臭いでも他者には極力存在してほしくない。
食うならさっさと食って、ビニール袋に封じろよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新選組の本(3)

大石 学『新選組「最後の武士」の実像』中公新書
新選組を歴史上の一団体として捉え、様々な資料をもとに新選組に起こった事実をたどる。
ドラマや小説ではどこかに主体ができてしまい、いったい何が起こったのかを知ることができない。
一時は朝敵となった団体だけにその資料も近代にしては少ない。イメージとしての新選組を歴史の中の新選組へと導く、大河ドラマの時代考証を担当していただけに作中のエピソードなども入った、手頃な概要書。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新選組の本(2)

永倉新八 新装版『新撰組顛末記』新人物往来社
小樽新聞に掲載された新撰組隊士・永倉新八自らが語った回顧録。
自身の口によるものだから美化されたり記憶違い、湾曲した部分もあるらしいが、新撰組隊士それも結成当初からのメンバーであり幹部でもあった者の記録として大変貴重である。
大河ドラマでは近藤寄りのものだったが、映画の壬生義士伝では主人公が金に苦労しているのに幹部である近藤、土方、沖田は肉を食っており、かなり傲慢さが見られた。どちらが本当だったのか知りたかった。
本書を読むところでは後者。永倉新八は近藤・土方の側近でありながら何度か対抗し、ついには甲府の戦いの後に新撰組と訣別した。そんな彼だからこそ記憶している事もあったろう。
山南脱走や伊東抹殺などドラマと食い違う点も多く、そこはドラマといったところだろう。
本書を読んでいて、ドンドコドンの山口が頭に浮かんでくた、

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »