« November 2004 | Main | January 2005 »

今年最後のラッキー!?

懸賞系メルマガで出した懸賞で五千円あたりました。
懸賞は出さなきゃ当たらないし、宝くじも買わなきゃ当たらない。
何億もいらないので年末ジャンボは買わないが、今年最後のラッキーが舞い込む人がいるんだろうな。『当たった!』なんてブログがアップされたりして。image.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

柚子のレアチーズ

こないだとデコレートがちがうような...
ま、エスプレッソもあるし、店員さんもかわいいし、OKとしましょ!
image.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (2)

ヨイヨイ...

今日、会社で大掃除がありました。
私の中では夏あたりに一度やった気がしましたが、みんなに聴いたら前回やったのは丸一年前とのこと。
なんかヨイヨイになった感じ...
で、家に帰ったら、テレビがついてる...
テレビつけっぱなしで出て行った様です。ほんと、ヨイヨイだorz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

不吉な?雲

写真じゃわかりにくいが、月の前に一筋の太い雲が縦にのびている。
なんか気味悪いimage.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

銭洗弁天

江ノ島の弁天様とごっちゃになってるので海に近いイメージだったが、実際は山(丘)の中にあったので驚いた。200412231459.jpg
入り口には宇賀福神社の文字。そういえば、弁天様はもとはインドのナーガ、つまり蛇神。宇賀神も収穫と富を司る蛇神さま。
穴をくぐるとちょいと拓けて、洞窟の中が銭洗弁天さま。持っていた硬貨をみんな洗いました。洗ったお金は使うことで倍になって帰ってくるそうで、ここにも信仰を利用した貨幣経済の仕組みがみられる。金は天下の回りもの、止めてしまっては、溜め込んでしまってはいけないのです。
脇には佐助稲荷からの小道があり、鳥居が立ち並んでます。たぶん、これは稲荷さまのものなのだろうが、蛇神さまに立ち並ぶ鳥居とくれば「妖怪ハンター・海竜祭の夜」を想起せずにはいられない。
来た時と同様に山穴をくぐって出て行くが、甲賀三郎の冥穴くぐりのようで手足があることを確認してしまう。ここを降りて、街の中心まで行く途中に市役所があり、その近くに諏訪神社があった。どこまでも蛇づくし。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

江ノ島

寒い...200412231708.jpg

| | Comments (4) | TrackBack (0)

鶴岡八幡宮1

鶴岡八幡宮の大イチョウの案内の看板。柵が邪魔で読みにくいが、鎌倉時代に別当公暁がこの木に隠れ、実朝を倒したという史話があり、云々と書かれている。看板をだしといて見えなくするってのが、俺には理解できん。200412231345.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Cotes du Rhone Blanc 2002

若いなぁ。200412220122.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仁志、残留!

仁志の巨人残留が決まった。メジャー断念となったが、来年もじかに応援できるので個人的には安心した。
若手の成長もあるのでレギュラーが約束されているわけでもない。V奪回が必然な上、人気回復信頼回復が要求される来年、怪我なく全試合全イニング出場してほしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アップルリング

私はアップルリングが大好きです。
ミスドでドーナッツ買っても、買ってしまうほどスキです。
この時期、パッケージもクリスマス風になりますが、これはどーなんでしょ?
まさか、これをクリスマスケーキ同様にクリスマスに食べろっていうんでしょうか?
ある家庭で、クリスマスにホットケーキを食べてるとこを見たことがあります。ちょと悲しくなりました。
もしクリスマスにアップルリングを食べている家庭があったら...
ここ15年、クリスマスケーキなんぞ食べてない私が言うのもなんだが。200412191707.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

また来年!

ひさびさにドームにきました。
200412181828.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CALERA CHARDONNAY 1999

カリフォルニアワイン
酸味は少ない。飲み始めにちょいと違和感があるがすぐ消える。
200412150007.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

努力・系・美人

メロン記念日の二枚目のアルバム「THE 二枚目」が発売中です。
娘。の「第6感」と比べるとデキは雲泥の差です。(これも後日、まとめますが)
この中で私のお気に入りは、「努力・系・美人」です。
盛り上がり系の曲ではないですが、ポップな感じと曲のイメージがとても好きです。
もともと美人ではなく、彼氏のために一生懸命きれいになろうという曲です。
私も他人にはよく思われたいと思いながらも、全く努力というものはしておらず、その結果が...
先日の渋谷でのライブでもやってくれて、とてもよかった。
柴ちゃんの「おしえなーい」がとってもキュート!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最近、ハマってるもの

最近、ハマっているものがある。
「MMR」だ。
MMRといってもマガジンでやってた本家ではなく、
2chでスレ乗っ取りやってる方。
ホントはAAのキバヤシ載せたかったんだけど、メチャクチャになったのでやめ。
ゴッゴルネタでこれの存在を知ってから、キバヤシを探す毎日。

そんな私の携帯に一通の同報メールがやってきた。
「ごっちん、来年はミュも春紺もないみたいです」
で、ひらっちからの同報返信が
「な、なんだってー!」というタイトルのメール。
うちのモーヲタでMMR読んでるような奴はいないので反応薄。
ちょうど暇だったので返信。
「話は聴かせてもらった!バーン!」
 なっち盛り上げのためにごっちんなち紺参戦か?影の政府の陰謀だ!
ひらっちから返信。
「な、なんだってー!?」
 単純な計算じゃないか、ゲストにごっちんを呼べばごまヲタを動員できる。
 しまった!俺たちは重大な見落としをしていた。春には卒業したカオリも...
 あらゆるイベントでごまヲタから搾取するつもりなんだ、UFAは!
 も、もうだめだ...このままじゃメロンヲタの二の舞だ...
乗ってきたので更に返信。
 「ゲストは変更になることがあります」これに全く相手にしなかった我々のミスだ。
 このままではあらゆるイベントにいかねば、ごっちんには逢えない。
 こうなったら全部申し込むしかない!
 ...いや、それこそUFAの罠だ...
 「ゲストが変更になる」とは書いてるが、「ホストが変更にならない」とは書いてない。
 金は振り込ませて、全てが変更になり、実はフィルムコンサートでした!っていうのが
 最終的なUFAの筋書きなんだ!これなら複数同時開催も可能で、大量搾取も可能だ!

と、こんなやりとりをやっている毎日ですが、今日のメロンのライブでこれに近い状況になりました。
開演時間が過ぎても、幕は上がらず、スクリーンにはエコモニ。の二人が映し出された...
10分ほど環境問題や愛知万博のPR...
おーい、メロンのライブ見に来たのに、こんなんに時間かけんなよ!この時間もライブ代に入ってるってことだろ!? こんなん入り口のテレビで流しときゃいいだろ! 
我々のやりとりがこんな形で既に実践投入されるとは...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本日のデザート

カシスシャーベット。
青山のSOUEN、なんかこじゃれてます。200412082310.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (2)

新幹線・仙台にて

隣のサラリーマンがコーヒーの空きコップを置いていった。ゴミとして捨てていったのか、何らかの目的があって置いていったのかはわからない。これがゴミなのか不審物なのかは数時間後には結論がでるだろう。
新幹線にはごみ箱がなく東京駅では清掃のおばちゃんに車内でのゴミを渡す。このおばちゃんには何か保険がかけられているんだろうか?見知らぬ人間から何だかわからないモノを受け取る危険性について就労規約にはなにもないんだろうか?200412081659.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

本日のデザート

紫芋のほかほかお汁粉
寒い心にしみるなぁ200412062238.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (2)

白ワイン

Chateau La Freynelle 2001
1500円くらい。
渋みもなく、酸味もうすく、フルーティ。結構、スキ。
200412042124.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今度はカエルだ!

カエルカールがでました。
こないだカールおじさん出てから、結構たべてます。
今度はお歳暮ねらいます。
200412040114.jpg

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ドラクエ奮戦記1

ククールが加わり、パーティが4人になった。
修道院での物語はなんともすっきりしないものだった。
マルチェロとククールの関係はその後に語られるが、トロデ王の対応にもまたすっきりしない。
今後、もっと奥深くなっていくことに期待する。

| | Comments (21) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »