« September 2004 | Main | November 2004 »

「ハロウィン」ねえ...

10月31日はハロウィンということで街はオレンジになりつつある。
ハロウィンがここまで日本に定着した(まだまだか?)のはディズニーランドの影響がでかい。本来の祭りの意味など知ることもなく、イベントに飢えた輩にとっては夏とクリスマスの間の空白を埋めるにはもってこいの祭りといえる。
ハロウィンは11月1日万聖節(旧称All Hallows)の前夜ということでHalloweenなのだそうだ。万聖節というのはキリスト教社会の祝日に割り当てられていない聖人すべてを祀る祝日だそうだ。
ケルト文化をキリスト教社会が吸収するにあたり、その収穫祭である11月1日を祝日にあてたとも言われる。この日は日本のお盆同様、死者の霊魂が家に戻る日とされ、死者だけでなく悪霊もやってくるとされた。そのため、人々は恐ろしい格好をして悪霊を追い払おうというものがハロウィンになったとされる。
日本では悪霊に対してあまりこういう感覚が少なく、忌み籠ることが多いと思われる。でもお盆では先祖の霊が帰ってくることに対しては火を焚いて迎え、煙にのせて送ることをしており、霊に対する大らかさがでている。
ハロウィンではかぼちゃのちょうちんJack-o'-Lanternが死者の魂を現したり道しるべとなるように、日本のお盆ではきゅうりやなすが馬や牛となって死者の魂を運ぶ。昔の人の発想力ってのはすごい。
10月は日本中の神様が出雲に集まり、会議をしている。縁結びとも、人の生き死にを決めているとも言われる。そのため10月は神無月と言われ、出雲では神有月となる。ハロウィンが死者の霊に関連するのに対し、出雲は黄泉国と関連する。キリスト教がケルト文化を排除することができず吸収したように、大和朝廷も出雲文化を消し去ることはできなかった。出雲系の神様は神話における三機能でも生産部門を担っていた。
死者と収穫を祀るハロウィン、まだまだ研究することが多そうだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

無題

一般人が政治に興味を持つことに反対な私がこーゆーの書くのもなんだと思いますが、ちょいと一言。

イラクで拉致されていた香田さんの遺体が発見・確認された。
日本政府は彼を見殺しにしたというのが一般的に見た結果であり、事実なのかもしれない。
でも政府は言ってましたよね、危険だから行くなって。それを承知でイラク入りしたわけですし、「自分探し」のためだとも報道がありましたので、探した結果がこれだったということです。
先の拉致解放でかなりのお金が支払われたと噂されましたが、災害続きの日本で復興に使われる金を考慮すれば、ここで前以上の金を払うことはできなかったでしょう。
「法」ってのは勝手にその集団が定めたものだし、人道的なんちゃらってものはそれ以上に人の感覚によって揺らぐもの。
自衛隊撤退というが、彼らは戦争しに行ってるわけじゃないんだよね?報道されないだけで、現地じゃバンバン人殺しをしてるわけ?
「自衛隊」って意識で彼らを見てるのは、そういう目で彼らを見てる人だけなんじゃないかな?
ならば日本政府御用達災害復興建設会社の人たちが行ってると思ってもいいんじゃないかな?
自分の家のまわりを片付けてくれてる人みて、反感持つような人あまりいないと思うけど。

一般の人がこんなこと考えずに、一生懸命仕事して笑って休めて子孫を残して死んで行く世界ってのが私の理想です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロ意識

最近の茶店や売店などの接客業では従業員の私語はどう教育されているんだろう。
客のことを知らんぷりしてるわけではないが、自由に喋っている。唾が飛んだり、客の会話の邪魔になるとか、そういう意識はまったくないんだろう。
バイトやフリーターばかりでプロやベテランと呼ばれる人たちはリストラされる時代。
ちと、腹が立つ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ゴッゴル」ねえ...

なんとも、こんな祭りが開催されていたとは...
確かに検索かけると、とてつもない数のサイトやブログが出てくる。
全部みていたらトンでもないことになってしまう。
そんな中で傑作を発見しました!
http://d.hatena.ne.jp/tugaru_san/20041021

| | Comments (3) | TrackBack (7)

カールおじさんカール

カールのなかにカールおじさんのカールが入ってました。
何千個に一個入ってるとテレビでやってました。
なんか食べにくいなぁ。200410272122.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

イーグルスvsフェニックス

楽天の「東北楽天ゴールデンイーグルス」に続き、ライブドアが「仙台ライブドアフェニックス」と球団名を発表した。
LDはイーグルズじゃなかったんかい!?
途中経過では下記のものだったようだが、どうなっちゃったんだ?

1位 仙台ジェンキンス
2位 浦和レッズ
3位 楽天
4位 確かに女は金で買えるけどもう少し空気読め
5位 能登かわいいよ能登
6位    _  ∩
7位  ( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい!
8位   ⊂彡
9位 仙台VIPS
10位 マンコ
11位 カントリー娘。に堀江貴文(ライブドア)

上位だけでもこんなに楽しいものがあったのに。
ネットで募集するといった時点でこうなるのは予想できたはずだし、ふざけてようがなんだろうが投票結果を発表すべきだし、その上で会社としての候補を上げるべきだ。
なんで仙台、東北でフェニックス?
俺は堀江の目が信用できん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西武・日本一!04年プロ野球終了!

西武の日本一で今年のプロ野球も全試合終了しました。
※日米は論外だ。
こうすれば勝てるという「勝てる野球」を見事に昇華させた中日がセ・リーグを制覇し、土壇場の流れと勢いでプレーオフを制した西武。
中日としてはダイエーの方が相手にしやすかっただろう。巨人にちょいと巧さを足したくらいだし、球場の大きさを利用できたはず。西武球場での打線爆発がナゴヤで連打を産まなくなった原因と思う。
プレーオフ導入初年で勝ち上った西武が日本一となる、なんとも難しい結果となった。
ペナント140試合はなんだったのか?通年での戦略とみるか?
長嶋監督が倒れ、オリンピック出場や球団合併/新球団設立など、試合以外の方の話題が多かった今年のプロ野球。
このあとも、契約更改、FA、トレード、引退、ドラフトなどいいことも悪いこともあるだろう。
我が巨人には粛正の嵐が吹くらしい。仁志のFAには私の来年もかかっている。
なーんか、つまんない時期にまた入っちゃったよ。
早く、来年にならないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸の内・丸善

丸の内の丸善にいきました。(できて、随分たったけど)
広いのかと思ったら、階層が分かれているだけでたしたことなく、がっかり。
それでも、私がよくいく分野の品揃えはまあまあで、『ダヴィンチ・コード』のおかげでよく分類され、特別コーナーも設けられてました。実質はお茶の水の三省堂と大差なく、駅から近い分いきやすいか。
新しくできたビルからか、おしゃれに窓際に椅子とテーブルなんぞあり、「立ち読み」し放題とは...
ここで物色して、買うのはポイントのつく横浜そごうってパターンだな。
横浜そごうは品揃え悪いし、横浜市民は本読まないから、注文しないと。
入門書的なものが多いが、次のステップになると極端に少なくなり、原典なんぞは殆どない。
やはり言語を勉強せなあかんな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

ミスドにて

今年のスケジュールンについてた、1個100円のサービス券でアップルパイ他を6個買った。
サービス券は会計の際、よく忘れられるので先に出しておいたのだが、バイトのねーちゃんはドーナツの種類を見るのでいっぱいいっぱいになってる様子。なんかヤな予感...
「お会計は八百...」
やっぱり...思わず呟いてしまった「予想とおりのこと、すんなよ」
結局、サービス券があるおかげで630円となって、お金を払っておつりをもらった。でも、ポイント券はレジの脇においたまんまで、今度はドーナツの箱詰めにいっぱいいっぱいになってる。またヤな予感,,,
箱詰め終わって、商品だけ手渡されて「ありがとうございました!」
ウォーイ!またまた予想とおりのこと、すんな!(俺はピヨ彦か!?)

いま、キャンペーン中のお茶会セット。日本酒飲むのにちょうどいい。
もう一個、もらおう。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

さあ後編だ!SBR#23

ついに決着か?オエコモバ編。
移動しながらの戦いってのがなかなかいい。
スタンド同士の接近戦パワー勝負よりも能力を活かした中距離戦の方が好き。
ガンツの田中星人のようなオエコモバのスタンド、ちょいとキモい。こいつが動き回るのはあまり見たくない。ジョジョ立ちならキョロちゃんなんだろうなあ。
空気が爆弾と相性がいいってのはキラークイーンのときやったけど、水やハチ、煙ってのも移動しているからこそ爆弾にできるもの。よくこんな恐いこと思いつくよ。
それに対し、ジャイロの鉄球そのものは見慣れたというか、ちょいとパワーダウン。ジョニーの爪の回転と対になるってのは今後よくあるパターンか?
これでオエコモバ、再起不能?戦線離脱?
前みたいに、リタイアとか書いてくれるとわかりやすいのに。
で、TO BE CONTINUEDってないのは...次はいつかなあ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱり、ソフトバンクか

ついにソフトバンク、動きましたね。
新球団の査問会でのアダルトサイト問題でも思いましたが、これってデキレースなわけね。
ソフトバンクにはダイエーの話があったから新球団のときもダンマリだったってわけだ。
ダイエーをソフトバンク、新球団は仙台に楽天。そうと知らない、LD堀江がアホだったってこと?ま、アホっぽいし。
でも俺的にはそういう社会は嫌いじゃないし、むしろ好ましい。いかに筋書きを作るかが大事であり、裏工作や確約の一つもできないようじゃ経営者としては失格だ。
んなこと言って、LDが当選したりして...
それにしても、ソフトバンクがダイエー買収したら、ヤフーBBスタジアムは名前変わるんだろうなあ。福岡ドームがヤフーBBドームになるんかな?
テレビへの放映権と引き換えに、通信事業者の放送権獲得なんてことにならないよな?
これやられるとキツいんだよね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

予告編 ハウルの動く城

映画みたら、「ハウルの動く城」の予告編やってました。
まだ本編みてないから断言はできんが、毎回異なるタッチでいい意味で裏切ってくれる宮崎アニメだが、予告を見た限りでは「あれれ...」。
「魔女の宅急便」と「千と千尋」をたした様な感じで、ちょいとガッカリ。
倍賞千恵子やキムタク、美輪明宏が声優ってのも、なんか保険をかけられたって気がしてどうだかなあ。
ストーリーに期待して、下火になってから見に行こう。

| | Comments (7) | TrackBack (1)

仙台新球団について(私見)

ライブドアか?楽天か?と話題の仙台新球団ですが、私見を述べたい。
新球団の話があったとき、本拠地は関西だったが関西ではもう飽和状態にある。アンチ○○のファン集団になるのは目に見えている。
で、スポーツ空白地区としては東北しかなく、交通手段を考えると仙台以外にあり得ない。東京から新幹線で2時間、関東からも十分いける。できればJRと組んで観戦新幹線パックとして往復1万にしてくれるといい。
オーナー会社はどちらかと言われれば、楽天だ。ライブドア(以下LD)の堀江の目がどうも信用できない。マスコミを利用しているように見えるが、マスコミに球団設立の力はまったくなく、財界とのパイプをもっていないと草野球に毛が生えたようなもものになる。底辺の拡大と二宮は言っているが、いま話しているのは日本野球の頂点になるべきもののはず。それなりのものにしてくれないと相手にしてやれないよ。
監督を掛布やオマリーと候補をあげているが、どうして関西系なんだ?
東北には関西系の土壌はない(と見る)。明らかに、ホームよりもアウェイを意識したものだろうが、ゆくゆくは大阪ドームに移りたいというのが本音だろう。
地元のためにという人選ならば、私は「原 辰徳」が一番だと思う。
やはりTV中継の多い巨人の人気というか知名度は絶対であり、球界再編としてそれを活用しない手はない。
星野さんが低迷阪神の監督を引き受けたように、3年後に巨人監督復帰を条件に原くんもこれをやってもらう。
さらに巨人からも何名かの選手を放出。清原組には是非行ってもらいたい。
清原の人気はあるだろうし、今なら500号本塁打のおまけ付き。パの打つ野球の方が清原には合っている。巨人としてもお荷物処分できてOK!
これに元木、後藤、小田、福井も付ける。さらに、イケメン林も付ける。ローズも付ける。新球団で派閥をいきなり作るのはどうかと思うが、逆にこれを軸に成長していけば球団の一つのウリとなる。
キャッチャーはこの騒動の立役者、ヤクルト古田に来てもらう。コーチとしても役立つはず。原くん同様、3年後(もたないかな?)、引退と共にヤクルト監督就任。
できれば、巨人桑田、中日川相&立浪にも協力願いたい。彼らの野球に対する姿勢には後輩は是非見習うものが多いはず。
投手はダルビッシュを欲しいとこだが、彼の野球人生をいきなり奪うのは酷なので個人の選択に任せる。俺的にはヤクルトか横浜で5年くらい修行して欲しい。(林もヤクルトの方がいいかもしれない)
あとの選手はそこそこいれば、とりあえず形にはなるだろう。
球場はドーム化が望ましい。「東北」と銘打つには秋田や岩手から仙台にくる時間と金を考慮すればドーム化、試合開催の絶対性が必要。東北の長いドンヨリ天気だと1年経ってもペナント終わんないかもしれない。西武方式でもいいからさ。
楽天もLDもインターネット関連企業だからチケット販売をネットを活用するだろうが、これはあまりおすすめできない。昨今の野球人気の低迷にはこれが少なからず関与している。巨人がプレミアチケットと呼ばれていた時代でも前売りに並べばなんとか買えた。だがダフ屋対策、公平性と称してネット販売が主となり、窓口販売枚数が激減し、並んでも買えない状況となった。ネットで入手した人間の何割が実際に見に来ているだろうか?ヤフオクの状況から見てわかるだろう。
球場に見に行けないなら、別なことをするって人が多い。ネット販売は分からないと言ってる年配の人も多く、年配のファンの人が球場からかなり姿を消した。
球団は子供にはいろいろサービスをするが、年配のファンへも考慮してほしい。
ガキは金もってないし、すぐ騒ぎを起こす。ファンの統率を取る意味で大人の社交場としての球場作りが必要。ダフ屋も必要悪だということは強く言いたい。

楽天、LDどっちでもいいけど、巨人ファンの俺を仙台に行きたくなるようなチーム作りをお願いしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仁志くん、メジャー挑戦

仁志くん、FAでメジャー挑戦となりました。
私としてはとても複雑な思いです。
野球人として日本野球の上であるメジャーに行きたいというのは当然の目標であり、それを応援するのがファンとして当然だろうが、来年から誰を見に球場にいけばいいんだろう?
そりゃあ巨人ファンだし、巨人の試合があれば球場に足を運ぶってもんだけど、毎試合 彼のプレーに一喜一憂していたモンとしてはそれを目の前で見れなくなるのは寂しい。
思えば、1年目のペナント終盤に佐々木から9回同点ホームランを打った時から思い切りの良さにホレてファンになって、次の日にユニフォーム作りにいったっけ。
甲子園に遠征したとき、ホームラン打って涙が出るほどうれしかった。
寒い西武ドームでもTシャツにユニフォームで震えながら応援した。
今年のドームお立ち台、後半最多登場でずっとユニフォームを掲げてた、サインボールを取るよりファンとして活躍を讃えたかったから。
スタンドで同じ背番号を背負い、チャンスに打てないときには罵声に耐え、守備でいいとこ見せたり、明らかに狙ったホームランなんかにゃ鼻タカダカになったりするのも無くなるのかもしれない。
でも、行くんだったら田口みたいな中途半端はダメだぜ!
ポジショニングと返球動作の素晴らしさを世界中に見せてやれ!
いつまでも応援してるぜ!仁志敏久!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再開!SBR#22

再開しました、SBR!
やっぱマウンテン・ティムは生きてたね。あの能力なら、この結果は予想の範囲。
ティムが言う「スタンド」、精神エネルギーであり、存在するかのように見せるという。
スタンドはスタンド使いにしか見えないということではなく、それを見せているのは相手のスタンド・精神エネルギーだということ。と、いうことはスタンドが見えているジャイロは決してスタンド使いに鳴った訳ではないということか?
でも、ジャイロは抜けたスタンドのピンを生身の体で拾って生身の体を傷つけ刺し戻した。ますます、ジャイロがスタンド使いなのか、気になるところ。俺的にはスタンド使いであって欲しくない。回転という技術で押し切って欲しい。
今週は特別前後編の前編、2週で終わりってことか?
来週は「ゾンビ馬」が登場するか?これって馬かなあ、馬は乗り換えちゃいけないから、「ゾンビ馬」に乗っていくことはできない。と、いうことは「ゾンビ馬」ってゆー名の物か能力者か?もしかしたら、石仮面のゾンビ馬だったりして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダヴィンチコード、読み終わりました

ダヴィンチコード、読み終わりました。
荒俣氏のレックスムンディもレンヌや聖骸布ものも読んでいたので、キリスト教のミステリーと呼ばれる部分はたいして驚きに値しなかったが、小説あんまり読まないから人間関係のドンデン返しに終盤ついていけんかった。
主役のラングドンよりもティービングが出てきてからの方がテンポがよくなる。
聖杯は最後の晩餐で使われ、脇腹を刺されたキリストの血を受けた杯ともされるが、キリストの子孫だとも言われる。アダムの肋骨から作られたのが最初の女であり、それを踏まえてキリストの妻を比喩したのかもしれない。
謎解きの部分で同じ手法が何度も使われたり、物語上でしか分からないものだったりすると、イライラする。で、聖杯がどうなったのか?シオン修道会は?ってのがいまいち明らかになっておらず、歯切れが悪い。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

イッチロー!258

イチロー、すげえぜ!新記録だ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イチロー257

まず並んだ、さらに新記録へ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »