« August 2004 | Main | October 2004 »

ヤクルト中日戦

頼むから、どこかの地上波で中継やってくれ!
プロ野球衰退を防ぎたいんだろ!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

変わらぬ風景

土日のストを経て、浜スタでは横浜・広島戦が行なわれている。
どんな気持ちで試合をし、どんな気持ちで応援・観戦してるんだろう。
明日から巨人も浜スタで三連戦、わたしも久しぶりの浜スタ。いつもと変わらぬ気持ちとはいかないだろう。
それにしてもヘリがうるさい。
鳩にえさをやる人がいるが、鳩にも役割分担があるようだ。鳩にまぎれてすずめもおこぼれをついばんでいるが、そのすずめを追いやる鳩がいる。鳥社会も無秩序じゃないんだな。image.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

釣れん!

今日も釣れんかった。独学では釣れんのか?
でも、ここでは釣れない事を教えてもらったので、次回から別のとこいこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

リンかけ

リンかけ、アニメ化っていまさらな感じだけど。
ロクさんが便所の水飲んだりするのは出てこないんだろな。
やっぱチャンピオンカーニバルからかな?いきなり世界大会かな?
テレ朝にて10/6 26:42からです。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

あーぁ、ストやっちゃった

先週は回避されたプロ野球のストですが、今週ついに発動してしまいました。
誠に残念で仕方ありません。
一般的な意見ならば、選手会=善:経営者側=悪という図式。
でも、私の素直な考えは、選手会<経営者。ナベツネが言った「選手ふぜいが何をいう」というのに極めて近い。プロ野球ファンにはあるまじき考えなのかもしれないが、経営者は労働者が対等な立場で会話を求めてくることを認知してはならない。だが、これは人の上に立つ者ならば意識せねばならない。
選手会としては選手の働く機会を失うことを阻止しなければならない。
経営者側としては損害は最小限に、未来永劫続く安定した経済システムを構築する必要がある。わけのわからないよそ者を容易に受け入れることはできない。
この両者が妥結することがないのは明らかで、ストは必然ともいえる。
私見を言うと、来年はセ6パ5でいき新チーム準備期間とし、再来年からセ6パ6としたい。

まあ、単に試合みたり応援したりの私はいーんだけど、球場関係者や売り子さん、周辺飲食店などは週末に試合があるかないかじゃ大違い。そーゆーのも考えて欲しいよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

キャプテンDVD

ずっと品切れだった「キャプテン」DVDボックス、やっと買えました。
♪若い日は〜♪ オープニングを聴いただけで涙もんです。
神社で特訓する谷口キャプテン、あのころは神社や公園でいろいろできたっけ。
エンディングもいい!
容姿だけのキャラ設定のアニメが多いいま、キャラ設定・ストーリーがしっかりした、じつにいい作品。
品切れになるのも納得。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ひさびさ!

お立ち台もらった!image.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

早起きして

早起きして釣りにいこうとしたら、工事通行止めで入れない。
ちぇっ!洗車して帰るか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スト回避

巨人ファンとして、プロ野球好きとして、今週末のスト回避は正直ホッとした。
優勝の望みがかなり薄いとはいえ、予定されていた試合が中止になるのは寂しい。
選手会の「妥協」には感謝したい。
しかし、これでストをすることは今後不可能に近いくらい困難になったのは事実だ。
オーナー側が政治家に言わせたとは考えたくないが、政治家の発言はある意味、選手会側への妥協要求ともいえる。選手会側の要求がオーナー側から即時回答を得られるような生易しいものではないのも事実であり、泥沼化するしかないようにも思え、今週末のストが回避されたからといって両者が歩み寄ったわけではない。これまで明言されていなかったことを明言したにすぎない。
オリックス・近鉄合併から始まったプロ野球再編問題は経営者側と選手会の互いのあり方にまで発展し、選手会としては存在意義を進展させたと思える。今後の動向にも期待する。
日本野球離れが進む中、いやな形で注目を集めたが、今一度日本の野球にも見てもらいたい。
オリンピックでのプレーをいつでも誰でもという訳ではないが、球場では繰り広げられている。
それにしても、古田ってすげえなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2004 | Main | October 2004 »