« March 2004 | Main | May 2004 »

ハガレン雑感#29

第29話「汚れなき子ども」
原作から大きく逸脱してしまったので、基本といえるかわからんが基本は23話。
せっかく楽しみにしてた「あれ」が「あれ」とは...
右腕、左脚がエドのものってのはわかるが、他は?
右腕、左脚以外つなぎ目がないってことは、他は同一人物のものってことか。そんなにうまい具合に、通行料をもらえるなんてあるんかな。
最後にイズミが遺跡のようなとこに行っていたが、あれは子供のお墓ってことないよな。でもって、イズミの通行料とエドの通行料の合体があいつなんてったら、時系列があわないもんね。
なんとなく、アルの誘拐は「真理くん」の誘拐に置き換わりそうだけど、そうなるとますますアルの存在が薄くなる。
納得度:2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清原人気

最近、球場で清原の人気が出てきている。
活躍を期待してのものもあるが、それよりも「見たい」「騒ぎたい」が強く感じる。
「清原スタメン」を掲げる組織もあったり、掲示板には「負けてもいいから清原4番スタメン」とまで書かれる始末。清原信奉者でない俺にとっては迷惑な話で、選手一人のために「負けてもいい」なんてことがあってはならない。万が一それが許されるのは、これからチームを背負うような選手を育てるためだけであり、既に下り坂の選手にそれを許すことがあってはならない。
清原信者には悪いが、4番ファースト・ペタジーニを明言した方がペタはきっと結果を残すはず。
出場機会の少なくなり、結果を出さねばならない場面でのデッドボールが多いが、これは相手側の作戦だから仕方がない。4月いっぱい、清原にデッドボールを重ねるだけで今年の清原はおしまいだろう。これをいかに耐え、主力が落ち込む6・7月に万全な状態で臨み、結果を残すというのが彼に残された唯一の道だろう。勝つ事を宿命づけられたチームに望んで入ったのだから、盛者必衰・死せる王としての役割を演じてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無題

このところ他人を気にして生きてきたせいでストレスが貯まり、気が停滞した。
今晩も仕事があるが、やっぱり野球にいくことにした。いままで無茶でも野球に行ってたんだから、自分らしさって何かわからんが、これが俺の生き方なんだろう。でも今晩の仕事失敗したら、野球はやめる。野球も仕事も、みんなみんな俺には大事な事。だから全部やりたい、全部こなしたい。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

踏み出せIt'sAllRight

なんだかよくわからない不安な気持になることがある。こんなときには『GoGirl』や『愛あらばIt'sAllRight』なんぞを聞くとなんとかなるか!て気持になる。この2曲に何度助けられたろう。「正直に生きてりゃいっぱい感動に出会うさ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

応援ヲタ

巨人戦では応援団体の解体により数名ほどの集団による応援団の真似事が多くなった。本人たちは手助けと思っているのだろうが、どっちかてえと応援ヲタ。見た目もそれっぽいし。こーゆーヲタの台頭はファンの固定化となり、人気低迷の原因ともなる。プレーに関係無く応援する姿は正解なのかもしれないが、ある意味危険だ。事実、選手ではなく応援団のサインばかり見ている輩も多い。ひとりふたりで勝手にやってくれればいいが集団で真似事されるとうざったい!なら応援団はいれよ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いけ!鉄人!

鉄人28号がはじまりました。
オープニングから感動してしまいました。以前、4chでやってたやつとは違い、オリジナルに近いもののようです。
現代ではギャグ漫画のようなキャラ絵だが、作画は力が入っています。
なんか、BIG-Oみたいだし、キン肉マンと一緒に見続けようかな?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

エスカレータで途中まで歩いていたのに終点直前で止まるヤツいるよね、あれなんなの?いくなら最後までいけよ!
あろ、ホームで電車待ってるとき、乗降口の真ん中に立ってるヤツ。どっちかに寄れよ!
邪魔なクセに至極当然な顔しやがって、こういう輩はイッてもらわねば人類の明日はない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アズカバンのポスター

いつのまにか、映画ハリポタ3のポスターがここで公開されていた。
3人とも子供じゃなくなって、ちょっと怖いです。特にロン...もうベテランイギリス俳優の顔してます。
映画が公開される前にもう一度読み直さないとダメかも?
その前に「不死鳥騎士団」を再開できるかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハガレン雑感#26

第26話『彼女の理由』
基本は第17、18話。でも、意味合いはかなり違う。
ウィンリィ、パニーニャ それぞれの機械鎧への想いを語った今回のお話。
エドに錬金術だけではなく、機械鎧=自分をもっと認識してもらいたいウィンリィ。パニーニャは利用された形。腕相撲をするために、腕まで機械鎧になってしまった。
ドミニクさんの扱いが薄いのが残念。19話の赤ちゃん誕生の場面は、既にエリシアちゃんの時にやっちゃったから残念ながら無し!この話すきだったのに。
ラッシュバレーの町並みも随分はっしょっちゃってるのはイマイチ。雑踏感がもっと欲しかった。
予想もしてなかった、イズミの登場!軍部も黙らず存在感。確かにセントラルにも来ていた。なぜに師匠の方から弟子を捜していたのか!?その答えは来週...
オープニングとエンディングが変わった。どちらもイマイチばっとしない。特にエンディングはちょっと方向がおかしい?オープニングはグリードとその仲間たちを主体とした作り。エンヴィーと一緒にいるのだれ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2004 | Main | May 2004 »