« 50億分の1の強運 SBR#8 | Main | ついに発現!SBR#9 »

ゴミは誰のもの?

4月1日より横浜市では廃棄物の帰属権は横浜市になるという。
廃棄物つまりゴミは横浜市のもの!ってことでしょう?
アルミ缶収集問題や、ごみから大金が見つかったりすることからこういう条例ができたんだろうが、
廃棄物と落し物の区別は一体どこにあるんだろう?
ごみ置き場にあったものは全て廃棄物というんだろうか。
故意に落とすわけでないので、偶然 廃品回収の新聞の山の中に1億円落としてしまうこともあるだろう。
逆にわざと捨てたもの、子供や動物など。捨てた瞬間に横浜市のものになるんだろうか?(これは極論だが)
しかし、アルミ缶収集問題は実際にこれを生活の糧にしている人もいるのだろう。
そんな人の生きる術を奪ってしまっていいものだろうか?
うちの近所で集めてる人はきちんと仕分けして、袋も閉じて持っていっている。
無差別に捨てている人間よりよほどましだと思う。
テロ防止か知らんが、公共の場にはあまりゴミ箱がなくなった。
階段の手すりや物陰にゴミが置き去りにされている。
ゴミ置き場じゃない場所にあるものは例えゲロであっても廃棄物じゃない?
いや、ゲロは排泄物だ。ということは、どこにあっても廃棄物?

|

« 50億分の1の強運 SBR#8 | Main | ついに発現!SBR#9 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16658/272784

Listed below are links to weblogs that reference ゴミは誰のもの?:

« 50億分の1の強運 SBR#8 | Main | ついに発現!SBR#9 »