« February 2004 | Main | April 2004 »

ついに決着!SBR

ついに1stステージ決着!
ジャイロ、ポコロコ、サンドマン、ジョニー、ディオと5騎打ちとなったが、実際はジャイロvsポコロコ、ジョニーvsディオ、サンドマン一人旅という形。この構図は今後も続くか?
ディオは技術ではなく脚力だと読んだが、ポコロコは幸運を、ジャイロは鉄球という持ち味を活かした。
ポコロコの馬は崖をジャンプしたり、牛の死骸で滑ったり、枯れ木でジャンプしたりと、乗ってる方はラッキーかもしれんが大変だ。
ジャイロのマントがいつから帆船のようになっていたかは読み切れない。サンドマンを追って4騎が並んだときは鉄球はホルダーにある。ポコロコがジャンプしたコマでもジャイロのマントは上になびいているので次のコマからということになる。
しかし、ジャイロは言う。「メキシコの向かい風は愛馬が走るのを助けるためにあるんだ。初めっからな!」 と、いうことは向かい風が吹いてきた下り坂あたりから時折これをやってきたというのか!
ジョニーとジャイロのやりとり、ジョニーを認めたってことだろ!?
でもこれでジョニーはお役御免か?ジョニーはゼッケン無しだったが、2ndステージも続行不可能か?それとも馬に引きづられてスタートラインに来たくらいだから、ゼッケンなんぞ付けられんか。参加費用くらいはあっただろうが。
気になるのは、2位以下の順位。ジャイロが抜け出たときは、ポコロコ・サンドマン・ジョニー・ディオの順番(のよう)だがサンドマンはさすがに遅れただろうから、ポコロコ・ジョニー・ディオ・サンドマンと読む。
単行本が5月20日に1、2巻同時発売となり、6月まで連載は一時休止。2ndステージでも31Pは続くのか、続くんだろうなあ。楽しみだぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハガレン雑感#25

基本は15話後半から16話、26話の一部。
どうもアニメと原作とでは場面の切り替わりのタイミングが違うようだ。
ヒューズがスロウスやエンヴィーに気付くところは、瞬間を描いた方がいい。これはタッカーのキメタのときもそうだった。流れる時間の中で瞬間を描くのは難しい。エンヴィーに気付きながらロイに電話する意味はあるんか?
ロイが人体錬成を試みたこと、出世を目指す理由が明かされる。7巻までではこれが原作通りかはわからないが、これまでのロイの描き方からは納得できる。まさか、ホントにハーレムを作るために大総統を目指してるわけないだろうし。
スカーの右腕が兄のものであることも、その師から語られる。原作では26話で右腕の境目が出てくるが、アニメではかなり前から描かれていた。フラフラ歩く兄の姿が描かれたことはあったが、どういう経緯でスカーの腕となったかはうまく描いてほしい。マルコー氏の紅い石もどっかいっちゃったし。
今回はもっとも好きな回のひとつ。

納得度:3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイドル好き嫌い

朝飯前。さんのWeblogで、アイドル論争がおこっている。
私はアイドル好き派に属するのだろうが、実はおニャン子は嫌いだった。野球も巨人も嫌いだった。
なぜか?理由は簡単、みんなに人気があったから。
でも、これって相手のことを知らずに、「食わず嫌い」だったんよ。
生きているといろんなことがある。まったく価値観が違ってくることにも出会う。
いま、モーヲタになったことだって好きな子が矢口さんに似てるってことからだった。
最初は見た目から入ったが、いまは見た目だけでなく、彼女たちの内面を見るようになった。嫌い派から言わせれば、内面なんてものは想像上の産物だということになるだろうが。
音楽性がどうのという話になっているが、それこそ誰が規定するものなく個人の感じ方次第。歌うパートのない者もいるモー娘。も、テレビじゃ声が出ないミスチルも大して変わらん。
でもね、モーニング娘。は感動させてくれるんだよね。
そして、素直に感動できるってことも素晴らしいことだと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さくらおとめPV発売中!

昨日、モーニング娘。さくら組「さくら満開」 おとめ組「友情 心のブスにはならねえ」のPVが発売されました。

さくら撫子Ver、あれは反則ですね。
矢口さんの反則的なかわいさにより、さくら組の圧勝となりました。
sakura1.jpg
少女のような表情の中に時折みせる女の顔、たまりません。

矢口さんのいうように、みなさん親戚お友達に薦めましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハガレン#22−24

もう、どうでもいいって感じ。
DVD買い続けるの、気が重くなってきた。
原作第7巻では、軍のやりかたが多少見えてくるが、これでは完全に軍の陰謀が前面に出過ぎ。
マリア・ロス少尉になぜかかなりの思い入れがあるようで、あれじゃまるで軍人じゃなくて母親じゃないか!
スカーも下水道でラストとグラトニーと対決して怪我をおったまではよかったが、中途半端な形で第5研究所にも登場し、結局また怪我して寝てる。なんの意味があったんだ?
タッカー氏もとんでもない化け物として再登場させたが、あれを「キメラ」っていうんか?じゃあ、このあとドルチェットが人面犬として出てこないことを祈る。
くだらないキャラはどんどん出すくせに、ウィンリィの見せ場をなくし、全てエドとアルに集約する。これじゃ主役がかっこいいだけの素人の同人誌とかわらん!
アニメやめて、原作を1コマづつ大写しにした方がいい。

納得度:1以下

| | Comments (2) | TrackBack (0)

さくら万歳!

モーニング娘。さくら組 さくら咲くツアーが千秋楽となりました。
とってもとっても、いいライブでした。
昼は3列目でしたが、夜は27列とかなり後退。しかし、おおいに盛り上がりました。
「さくら満開」ですでに涙目になってしまいましたが、遠くから声だけは届け!と声だしてました。
「晴れ雨のちスキ」では完全に泣いてしまいました。
ゲームではガキさんの粋な計らいで、矢口さんゲーム初参戦!結果は...
結局最後まで優勝チームになることはできませんでしたが、千秋楽スペシャルということで全員にプレゼント!
このポスター、すごくいい!だから、すごくうれしい!矢口さん、ありがとー!
最後の「Iwish」、矢口さんの「愛するひとのために...」がホント心にしみて、汗と涙が頬を伝いました。
秋田、盛岡と遠征した甲斐があったってもんだし、このライブが見れて幸せです。
遠征の詳細はHPで。

娘。のみなさん、ご当地クイズで「ぼけろ!」とか言ってすいませんでした。
そりゃあ、いやだよね。矢口さんの言うとおりです。反省...

| | Comments (0) | TrackBack (0)

贈ることば

秋田新幹線の中だが、隣で新人研修用資料を一生懸命読んでいる青年がいる。
両親が見送りに来ていたので、就職して一人暮らしでもするんだろう。
東京までか、どこまで行くのかわからんが、まだ出発して30分もたってないのにそんなに一生懸命やってたら長い人生どこかで詰まっちゃうよ。
会社の新人研修で講師やったことあるけど、そのとき言ったんだよね。
「新人の君たちにいまからこんなこと言うのもなんだけど、あまり一生懸命やると仕事だけの人間になっちゃうよ。仕事がなくなっても人は生きていかなきゃならないから、それだけの人間にはならないように。」
これは私自身の経験からきている。仕事ばかりやってるとどんどんできちゃうんだけど、生活が仕事だけになっちゃう。
土日もすることないから会社いったり家で見積やっちゃう。そういう人間の周りには必ず同じタイプの人間が集まり、その周辺だけどんどん仕事が進んでいく。
相乗効果ってやつだが、これが悪循環のもと。
10年やっちゃうと手遅れだから、5年目くらいで振り返ってみたほうがいい。
そんな私もいまじゃ、野球に娘。と、いつ仕事してんだ状態。でも、仕事はきっちりこなして、やりたいこともやる。これが行き着いた仕事観、仕事では極力他人とつるまずに単独でこなす。一人はきついけど、自由だし成果は独り占め。
でもこのスタイル、ずっと仕事やってた時間があったからってのもある。自分でいうのもなんだけど力ついちゃうんだよね、当然。
娘。ヲタも実はみんなこんな人たちが多い。変人ばかりじゃないんだぞ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東北遠征雑記

娘。さくら組東北遠征のため、秋田にはじめてきた。
昨日は朝からミラクルがあり、いまは盛岡へ向かう「こまちくん」の中。なぜかバックで走ってるし、全席指定といいつつ空いてれば特急券でも座っていいと言ってるし、わけわからん。
ライブレビューはHPにアップするが、今の感想は『秋田は遠い。日本も広い。』てこと。
岩手と秋田でこんなに違うもんかね?

今日でさくらおとめも千秋楽、どんなライブになるか楽しみだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

テロ予想(仮)

アルカイダ系からのテロ予告が出たらしいが予防阻止は無理だろう。ならば予想して近付かないのが唯一の防衛策。
予想されるのは、
 1.飛行機:NY同様、都心への落下が可能。
 2.新幹線:高速走行中ならば脱線後の高架下への転落あり。品川ー東京間か?
 3.地下鉄:オウムと違い自爆のため成功率は高い。大手町を爆破すればオフィス街陥没か?
 4.東京タワー:一応東京のシンボルであり電波を停められる。
殺傷能力・機能停止を重視する戦争と違い、テロはメッセージ性が重要となる。都心よりも自衛隊基地のある街が危険か?
できれば、東急横浜駅を木っ端みじんにしてもらい、再度使い易い駅を設計からやりなおしてもらいたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エセ科学だ!SBR

ゴールまで残り2000mとなった、SBR!
サンドマンの走りの秘密がスティール氏から明かされた。
「青マルジャンプ」で荒木氏が語った「エセ科学」ってやつでしょうか?(笑)
着地の衝撃を加速にするってのはまあ納得できるが、着地のとき崖を蹴って降りるから衝撃ゼロってのはよくわからん。
上りで腕を使うって事は腕も疲れるってことじゃないのか?
岩山をショートカットするサンドマンを無視して、ジャイロ対ポコロコ、JOJO対DIOの構図ができあがる。
幸運という見えない能力と鉄球の物理的能力、どちらが上をいくのか?
DIOの風圧シールド走法、「よろしく!メカドッグ」のキャノンボールでも駆使されたレースでは絶対不可欠な走法。
サンタアナが出てくるところなんか、相変わらず古いファンへのサービスも忘れてません。
次週、1stステージ決着か?
ジャイロの優勝とみた!(どうかな?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

急行電車にて

渋谷からの帰り、いつもは各停で座って帰るのだが、急行電車に乗ってみた。
最終にはまだ時間があるのにギュウギュウ。
1駅目で降りる人もいる。急行で1駅、各停でも3つか4つ。短い時間だからこそ、あの混雑に耐えられるのかもしれないが、時間短縮といっても5分も変わらないはず。
自由が丘でかなり降り、ヤになったので自分も各停に乗り換えた。座れはしないが、混雑はない。
ギュウギュウになりながら、こんなことを考えた。
渋谷ー横浜で急行と各停では10分くらいしか変わらない。なのに、こんなギュウギュウな思いをして10分を稼ごうとする。でも、人間の一生で10分といえば、仮に人生70年とすると3,679,200分の1にあたる。おおよそ静岡県民1人と県民総数の割合と同じである。
この数字が大きいのか小さいのか難しいが、一生のうちの10分と無駄にしがちだが、実はそうではない。人間の寿命は思ったより長くない。しかし、静岡県民のうち1人のだと思うと、そんなに大事ではないかな?とも思える。
ギュウギュウ電車で10分を稼ぐのであれば、通路や階段、エスカレータでもっともっと速く歩いて欲しい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

STAR WARSの世界ぃい!

ついに「スター・ウォーズ サイエンスアンドアート」が国立科学博物館にやってきます。
国立科学博物館のHPだけでも興奮する!
3/20ー6/20と長期間やってるので、空いている平日にゆっくりと何度も見たいものです。
駄作だと罵られ、私の周りにもあまり見た事ない人がいたり、ファンが少なかったりと、私のスター・ウォーズ観と一般のそれとは必ずは一致しないんだなあと思ったりもしましたが、こーゆー展示物になるとやってくるオバちゃんやミーハー連中。
上野動物園や博物館が並ぶ、この地区はGWでは暇つぶしどもでごったがえす。
『特別篇』を一人でうなづいたり、このシーンがこう変わったとかブツブツ言っていた人たちだけだとなかなかおもしろい展示会になるんだろうが。

ちなみにこの国立科学博物館は一般展示物もかなり興味深いものがあり、1日中いても飽きません。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ハリポタ第5巻!

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』9月1日発売決定!(遅っ!)
上下巻セットで4200円(高っ!)

原作まったく読んでいないので、偉そうなことは言えないのですが。
多分、原作を読み終わるというか、再び読み始める前にこちらが発売されてしまうことでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

茶番だ

高橋尚子がオリンピック出場落選となった。朝から茶番記者会見が大きく取りあげられた。マスコミとしては痛い選考結果となり、これしかやりようがない。首相も「枠を増やせないものか」と相変わらずな小学生レベルの安易な発言。実力が唯一の世界で、何か密約でもあるかのように構えていた高橋陣営。選考委員会は実力のない過去の選手というより「プロ化」を望まないのが本音だろう。 国家意識が低い民族をイベントで高めようとするのは、どこぞの帝国と同じ。金メダルの数ばかり取りあげる報道には賛成できん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

さくら組 満開とはいかないが

昨日のモーニング娘。さくら組 桐生公演で、わたしのヲシの矢口真里さんが風邪による高熱のため欠席いたしました。
この公演に行っていた、やはり矢口さん派のH氏はかなりショックを受けていたようですが、しっかり他のメンバーの応援をしていたようです。
 亀井ちゃん、オロオロしてない?
 ガキさん、踏ん張ってる?
 よしこさん、ドーンと構えてる?
という質問に、
 亀井ちゃん、オロオロしてませんでした。ゲームで優勝してました!
 ガキさん、踏ん張ってました。ゲームの司会に抜擢されて乗り切りました!
 よしこさん、ドーンと構えてました。『矢口さん、早く戻ってこい!』ってMCで盛り上げてくれました。
と返ってきました。
これぞモーニング娘。さくら組!拍手です。
今日の公演で矢口さんが復帰できるか心配ですが、できれば少し休ませてあげたい(本人はイヤだろうが)。なっちの抜けた穴を小さな体で埋めようとがんばってる姿はみんな知っているだから。

秋から始まった、さくらおとめの分割ライブも来週でおしまい。
来週は秋田、盛岡だ!さくら前線 北上するよ!(今日はおとめの松戸です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

独り言を言う人

休日の昼の電車などでよく見る風景として、独り言を言う浮浪者風の初老の男性がある。
単に愚痴をこぼすだけでなく、何かに向かって語りかけているにように見える事もある。
遠くから見ると携帯で話しているようにも見え、「携帯、うるせえなあ」と思うと、そーゆー人だったりもする。
彼らはいったい誰と話をしているんだろう?
赤ん坊と老人は死に近い存在であり、そちら側の存在である「天使」が見えるらしい。
実在しないであろう天使と通信する彼らと、実在するであろう人物と通信する常人、なんら変わりはないのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豚丼たべました

吉野家の豚丼たべました。まずいという評判でしたが、そんなことないです。
パッと見、牛丼とかわんないがたまねぎじゃなくてゴボウが入ってる。
このゴボウがいい!
いまなら250円、普段いくらか知らんが。
無理して食べるほどの価値はないが、食べても得はしないが損もしない。
頼むと30秒ほどで出てくる。弁当も同じくらいで出てくる。
案外、これ定着するんじゃないかな?
鮭だったり、カレーとかメニューを増やすよりもこれ1本でいった方が吉野家らしい。
「牛ができないので豚です!」ってね。
でも、つゆだくはやめてくれ!

| | Comments (1) | TrackBack (1)

ついに発現!SBR#9

ついに「何かの能力」発現!
徐々に世界観が固まってきた、スティール・ボール・ランの世界ィイィィ!
最初、本人にその意識がないってとこが第6部っぽいし、デザインもグエスのグーグー・ドールズっぽいし。
康一くんとエコーズ、トリッシュとスパイスガールの関係のよう。
だれでもスタンド使いは最初はこうなのかもしれない。
自分でも知らない未知なる力、それを自分の力だと確信したときにあふれる自信。
力と自信を一体にできたとき人は素晴らしいエネルギーを放つ。それがスタンド。
そして、自分がエネルギーを知るからこそ、他人のエネルギーも認めることができる。
スタンドはスタンド使いにしか見えない。スタンド使い同士は惹かれあう。
ジャイロは鉄球を投げているのではなく、回転だけで送り出している。
こちらは波紋か?これも近いうちに明らかになっていくだろう。
今週、はじめてジャイロが焦る。
ポコロコの幸運を「敵」と認知する。
しかし、それ以上に困惑させたのがサンドマン。
確かポコロコと谷を超えてから、5km地点から一気にショットカットしてきたに違いない!
でもそれだとコースの右側から出てくるはずだけど、左側にいたのが気になるが。
まさか、変幻自在な砂のスタンドで空飛んできたって事ないよね?
再来週あたり1stステージゴールかな?勝者はだれか?「能力」の謎は?「鉄球」の謎は?
そして連載一時中断となってしまうのか?
もう、来週が待ち遠しいぜ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴミは誰のもの?

4月1日より横浜市では廃棄物の帰属権は横浜市になるという。
廃棄物つまりゴミは横浜市のもの!ってことでしょう?
アルミ缶収集問題や、ごみから大金が見つかったりすることからこういう条例ができたんだろうが、
廃棄物と落し物の区別は一体どこにあるんだろう?
ごみ置き場にあったものは全て廃棄物というんだろうか。
故意に落とすわけでないので、偶然 廃品回収の新聞の山の中に1億円落としてしまうこともあるだろう。
逆にわざと捨てたもの、子供や動物など。捨てた瞬間に横浜市のものになるんだろうか?(これは極論だが)
しかし、アルミ缶収集問題は実際にこれを生活の糧にしている人もいるのだろう。
そんな人の生きる術を奪ってしまっていいものだろうか?
うちの近所で集めてる人はきちんと仕分けして、袋も閉じて持っていっている。
無差別に捨てている人間よりよほどましだと思う。
テロ防止か知らんが、公共の場にはあまりゴミ箱がなくなった。
階段の手すりや物陰にゴミが置き去りにされている。
ゴミ置き場じゃない場所にあるものは例えゲロであっても廃棄物じゃない?
いや、ゲロは排泄物だ。ということは、どこにあっても廃棄物?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

50億分の1の強運 SBR#8

更新が遅れたがSBR#8、ひさしぶりに鉄球がでましたよ!
鉄球をくらって木が折れることなく、根本からひん曲がるあたり、さすが鉄球!って感じですか。
審判の乗る鉄道がコースから離れたところあたりで異変がと思ったが、
さすが荒木氏 きちんと審判団は気球で追っかけてきてる。
雑木林を抜ける様々な雑魚キャラ、この辺は「ボヘミアン・ラプソディ」のときのように。
そんな中、ジョニーが天才ジョッキーの実力を披露!左手に手綱を握り、右手で鞍を握り上半身を固定。
枝をものともしない気迫の走り。目がだんだん生きてきた。でも、なんかJOJOというよりウェザーみたい。
ポコロコの強運はアブドゥル同様すぐに終わると思いきや、まだまだ続く。
ジャイロが言う『なにかの「能力」』とは?
青マルジャンプには波紋やスタンドとは違うが「能力」らしきものは出ると書いてあるので、
個性というか強烈な生命エネルギーの具現化だろう。
第1、2部ではそれを波紋と呼び、それ以降はスタンドと呼んだ。
スタンドは当初、超能力の映像化されたものだったが、わたしは康一くんのエコーズを見たときに「スタンドは超能力ではなく、自分の能力を最大限に発揮できる能力の具現化」なんだと思った。ちなみに、エコーズACT1は「説得力」という能力。第4部はそのへんが好き。
『強運か!?能力か!?答えはレースだけが知る!!次号、下り坂!!』
編集者のアオリも素晴らしい!

青マルジャンプにあるが、やはり毎週31Pというのはキツイらしい。
ある程度の書き溜めと充電期間が必要ということは、諸星大二郎のようになっていくのだろうか?
諸星作品では「マッドメン」「暗黒神話」「孔子暗黒伝」が好き。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エンタの神様

『エンタの神様』という番組をはじめて見ました。
おもしろいんだか、うれてるんだか、わからない若手?芸人が出ており、ムリクリおもしろいように見せるテレビ局側のいやらしさが鼻についた。
それにしても、最近の芸人はかなり優遇されてるんだなあ。
セリフのテロップは入る、効果音は入る、手先のネタもアップにされる。
トリが「はなわ」というのも哀しい...
見ていて思ったのが、「ヲタ」ネタが多いこと。
確かに「ヲタ」と呼ばれる人種は「おかしい」のが多い。しかし、この手の二流お笑いを見ている輩(女性が多いと見受けるが)が笑ってバカにできるのが「ヲタ」であり、近いからこそ理解し易いのだろう。
大衆受けするネタが少ないということは、お笑いは大衆娯楽ではなくなったということである。相撲や野球が国民的娯楽でなくなり、サッカーも一時的なものでしかなかった。キムタクの低迷と共にTVドラマも大衆性が薄れてきた。
いったい、日本国民の多くはなにを生活の糧にしているんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

エスカレータ、邪魔!

数年前からいたるところにエスカレータが設置されているが本当に必要なんだろうか?老人や体の不自由な人のためと言うが全体の割合では少ないはず。数の話ではないとも言うがそれならエレベータだけでいい。人間は自分達が思っている以上に堕落した生き物。そろそろ意識的に楽をしない生活を目指さないととんでもないことになる。 エスカレータでも歩けよ!愚民ども!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

青マルジャンプだ!SBR番外編

青マルジャンプに荒木氏のロングインタビューと『スティール・ボール・ラン レース開催のいきさつ』が掲載されてます。
ここで明らかになったのは、SBRの世界はやはりJOJO6部でパラレルワールドに入った世界での出来事だということ。そしてJOJO所縁の深いキャラはJOJOキャラの血縁関係があったりもするがファンへのサービスだということ。
更に、単純にレースを描きたいので「敵=悪」の構図はないということ。
いままでの私の予想は大凡当たっていたわけだ。
はやくもSBRの番外編が登場、レース開催のいきさつとして主催者であるスティーブン・スティール氏の生い立ちが語られる。このあたり、やはり馬琴と一致するところである。
なかばどうでもいいことを設定していく。自分の作ったキャラに過去を持たせることでキャラの現在を活かす。それにしても、このプロモーターでの企画はテリー伊藤氏のやってきたことじゃないか!てっきり財閥かなにかと思ったが、ペテン師だったのか。それなら、時折見せる弱気なところや悦に入る性格も納得できる。青マルを読んだからわかることで、ほとんどの読者が変わり者としてしか見ないだろう。それだけでも買ってよかった。(単行本には収録されるだろうが)

でも、この青マルジャンプなる雑誌、これ以外は新人作品だけなので、あまりおもしろくない。
『いのちやどりしは』ヒカルの碁またはキャプテン翼の文楽版。いとうみきおのアシか?評価2
『歌歌』線が多すぎ。キャラの素性が一切みえない。評価2
『ピアニカぼうや』昔の天沼俊ばりの絵。壁に落書きしてた方が評価いいかも?評価1.5
『デス学!!』江川達也のアシか?構図はしっかりしてる。主役が薄い。評価3
『生涯おやじ道』問題外
『ホライズンエクスブレス』本誌では一番。999的展開も可能。評価3.5
『DEADUNDEAD』たなかかなこのアシか?ネタ的には週刊向き。108人てことは2年は持つ。評価2.5
『THE DREAM』どっかで見た内容。評価2
『みえるひと』退魔師もの。よくある話。絵に動きがない。評価2.5
『遊蕩法師』同上。ワンピースのアシか?評価2
『福輪術』ネタはいいが話がダルい。しまぶーのアシか?評価2.3

| | Comments (0) | TrackBack (0)

匿名掲示板文化

世間虚仮 唯萌是真: 「自意識キモイ」とblogの隆盛 
2chとblogの関係をよく表していると思います。
急速に自己解放を覚えた日本人にとって匿名掲示板ってのは
現在では一番いいのかもしれません。
しかし、あれがいったいなんの意味をもっているのかは
2chの住人でないと一切わからない。
私はあれをメモリの無駄だと思っている。
あそこでは語れないことをblogで語る。
自分でまだ使いこなせていないので、blogにどこまでできて
どこまで定着しているのかはっきりとは判らないが、
2chよりも意志の表現が認められた空間であることは確かなようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレステ2で北斗の拳だ!

ついに、あの名作セガ・マーク3版『北斗の拳』がプレステ2でリリースされます。
当時これ持ってる人少なくてねえ。アキバで何度買おうか迷ったことか。
いまの経済力ならば間違いなく買っていたが、当時はバイトもしないオキラクゴクラク!なお小遣い制の学生だったので買えるはずもなく、みんながファンタジーゾーンに飽きた谷間に少しやる程度だった。
ハート様やウイグル獄長がやっとでさ、「我が生涯に一片の悔いなし」なんてのは先の先。
マーク3のコントローラって十字キーにポッチがついてて、やりすぎると左手の親指の皮がめくれちゃうんだよね。あれが痛くて、余計さきにいけん。
それがプレステ2で2500円という、かなりリーズナブルなお値段。
こりゃ、買いでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »