« 入場無料!東京ドームベースボールカーニバル2004 | Main | ここにいるぜぇ! »

ハガレン#21(あーぁ、やっちゃった)

第21話『紅い輝き』

基本は第13話だけど、あってるのは序盤だけ。
あとはOVA化。ついに、やっちゃったって感じ。
第五研究所に珍客乱入、なんとスカーがやってきてしまいました。
半径100mくらいの場所に登場人物全員いるんじゃねーのか?
グリードまで出てきちゃってさ、いったいどーすんのさ。
グリード配下のホムンクルスが軍によって作られたっていう前振りのつもり?
ナンバー48との会話はわざとらしすぎ。
「言葉はご立派だが、人間扱いされることがどれだけ残酷か」
自殺は動物にはできない(と思う)。人だけが、自らの死を選択できる。
「人としてできることはそれだけだ。」
エヴァでカヲルくんも死を選んだ。
「僕ができる唯一の絶対的自由なんだ」
原作じゃ、武人の兄に対して、弟は殺人鬼色を残していたが、アニメじゃ兄弟で武人。まあ、エンヴィーが出てこないんなら、自殺した方が見栄えはいいかな。
スカーの兄の人体錬成の代償は下腹部を持ってかれたってことだろうけど、てことはスカーもなんかの代償が額の傷だってか。額から何をもってった?脳?
紅蓮の錬金術師・爆弾狂のキンブリー、死んだはずのグラン准将に、キメラ化した綴命の錬金術師タッカーと娘ニーナ。もう、なんでもこいだな。
水槽の中のニーナは『綾波のスペア』かよ。この紅い部屋もどっかでみた感じだし。今週から一気に賛否がわかれるだろう。オイラ、否定派!普通にやれよ、きっと自滅するから。この展開ってのは7巻以降こうなのか?

ガンダムシードも1stガンダムを原作とした焼き直しだったはずが中途半端な展開で空中分解しちゃったけど、TVハガレンもこれに近くなりつつある。
アニメスタッフはもう一度、漫画をしっかり読んだほうがいい。
ハガレンは「重い」んじゃない!「おもしろい」んだ!

|

« 入場無料!東京ドームベースボールカーニバル2004 | Main | ここにいるぜぇ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16658/243741

Listed below are links to weblogs that reference ハガレン#21(あーぁ、やっちゃった):

« 入場無料!東京ドームベースボールカーニバル2004 | Main | ここにいるぜぇ! »