« 火の用心 | Main | ドドドッド SBR#6 »

すげぇぜ!荒木飛呂彦 SBR!

すごい!すごすぎるぜ!荒木飛呂彦ォオ、スティール・ボール・ラン。
今週も31ページなのに、なんと2話掲載。書きためしてあったのかもしれんが、そんなに出しちゃってイイのかよぉお。
まずは#5から。
先週、2列でも2km近いスタートラインだといったが、なんと1列で4km以上。確か先週は2列の枠があったんだがなあ。
今回はレースの詳細が判明!レースは9つのステージに分かれ、ステージごとに勝者を決める。これで長い工程をダラダラいくことはなく、環境に応じたステージと勝者が設定可能。よく耳にする、作品を登場人物が勝手につくりあげるという作品中のレースでありながら、作者の頭の中で実際にレースが展開され物語を構成していくものが9つも可能になるということだ。展開にやり直しがきくように保険をかけたという見方もできる。
まず1stステージでいきなりの見せ場がやってきた。
ジャイロVSアブドゥル!波紋VS炎のスタンドだ!
ではなく、ラクダの突っ込みと「鉄球」だ。
わたしのラクダのイメージはのんびりゆったり砂漠の旅だが、実際はどうなんだろう。ネットで検索したが、結構ラクダの旅ってのがある。なんだか、ラクダの旅にいきたくなった。
ラクダに対抗するのは「鉄球の回転」。ホルダーから離した瞬間に回転しはじめた。これが鉄球が回転し続けているものなのか、それともジャイロが「回転させている」のかは未だ謎。ホルダーの中で「止まったように」見えても実は回転していたことは以前もあった。
これまでの鉄球の回転は直接肉体に作用していたので判りやすかったが、今回のはちょいと難しい。
『鉄球の回転 サボテンの像が岩にほこりとなって浮き出ていた。回転の振動で!振動の波で見えないサボテンの位置を探したのか?』
岩陰にかくれたサボテンを鉄球が感知し、砂埃としてサボテンの像を結ばせたということか?FFは一滴の水を鏡にして、ドラゴンズドリームを映させようとしたが、これとはちょいと違う。どっちかというと、大地の記憶を像とするアンダーワールドに近い。物質の固有振動数を感知し、それを表現できればいいわけだ。
これによって、優勝候補&ライバルの一人だったアブドゥルが早くもリタイア!読者の期待をいい方に裏切ってくれた。さすが、荒木飛呂彦!並の読者の先読みなんて無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄!無駄ァ!
で、JOJOはレース参加者なんでしょうか?いい位置にいるようだが、全くアナウンスされずに解説役に回っている。実は吉良の様に既に死んでいたりして。

|

« 火の用心 | Main | ドドドッド SBR#6 »

Comments

ココログル 「!の数が多いココログ」ランキングにランクイン(10位)してますよぉ。
上の「無駄!無駄!無駄!…」が相当効いてる…。

Posted by: めりすた | 2004.02.19 at 01:13 AM

16へえ...
そんなんあるんすか。
つぎは、キターー(゜∀゜)ーー!のランクインにチャレンジだ!

Posted by: やぐちまりお | 2004.02.19 at 01:38 AM

i am a chinese JOJO fans.

yo ro su gu.

Posted by: toshi jei | 2004.03.25 at 08:22 PM

中国の方からコメントいただきました。
英語も中国語もわかりませんが、謝々!Thanks!
でも荒木飛呂彦のファンは世界中にいるんだなあ。
すげえぜ!荒木飛呂彦の世界いぃぃぃィ

Posted by: やぐちまりお | 2004.03.26 at 12:30 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16658/207501

Listed below are links to weblogs that reference すげぇぜ!荒木飛呂彦 SBR!:

« 火の用心 | Main | ドドドッド SBR#6 »