« 東横線、不便になった! | Main | 火の用心 »

老人の時間

普通のサラリーマンの方は分からないかも知れないが、今の時間 街には老人が溢れている。
通勤のピークも過ぎ、店の開店にあわせるでもない、なんでもない時間がいま10時半という時間だ。
混雑をさけ、老人が行動するにはいい時間。よって街全体の動きが遅い。たぶん老人たち本人は気付くはずもなく、この時間に移動する外回りのサラリーマンには逆にこのゆったりした流れが心地よいものかもしれない。
この風景は市街地と住宅地を結ぶ私鉄に多い風景で、市街地を結ぶJRには少ない。乗り換えをしてまで隣の市街地まではいかないのだろう。
しかし、JRには違う老人の時間が流れている。老人というと聞こえが悪いが、年輩の外回りの人が多い。
階段の昇り降り、通路を歩くスピード、すべてがゆっくり流れていく。
せっかちくんの私には耐えられない時間。いつかはこの流れの中に身を置くのだろうか。
クワトロ・バジーナ大尉はいった。
『未来をつくるのは老人ではない!』

|

« 東横線、不便になった! | Main | 火の用心 »

Comments

どんどん老人が多くなる。
わたしももうすぐ老人の仲間入り。
おっしゃる通り、老人は未来を作らない
未来を壊すほうにまわるのだろうか?

Posted by: 自然現象 | 2004.02.16 at 11:24 AM

老人が多くなるのは、国が豊かだということ。
しかしその流れの中に全ての世代が身を委ねたら、国は滅んでしまう。
その流れの前に出るようにしなければならない。
私はいつもそう心がけている。
未来を作るのは実は老人でも若者でもない。世代に関係なく、未来を作ろうと思っている人間だ。

Posted by: やぐちまりお | 2004.02.17 at 02:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16658/202084

Listed below are links to weblogs that reference 老人の時間:

« 東横線、不便になった! | Main | 火の用心 »